遮光カーテンの特徴

遮光カーテンの特徴

遮光カーテンとは、光を遮断する効果を持っているカーテンです。
普通のカーテンでも多少は光を遮断してくれますが、余り効果は高く有りません。
遮光カーテンを使う事により、外からの光も中からの光も遮断する事が出来るのです。

 

遮光カーテンを使う人の多くは、寝室を出来るだけ暗い空間にしたいと言う人や、室内の人の影や動きを外に見せたくない人が多いでしょう。
他にも、外からの光や太陽光を見せたくない人も多いと思います。

 

遮光カーテンには、段階があります。

 

3級遮光カーテンは、99.79パーセントから99.40パーセント光を遮断する事が出来るカーテンです。
人の影は多少分かりますが、室内は適度に暗い状態を保つ事が出来ます。

 

2級遮光カーテンは、99.98パーセントから99.80パーセント光を遮断する事が出来ます。
室内は人の顔や表情はわかる程度の暗さを保ってくれます。

 

1級遮光カーテンは、ほぼ100パーセントの遮光率を保ったカーテンです。
室内にいても人の顔を認識出来ない程の暗さを維持する事が出来るカーテンです。

 

光をどれだけ遮断したいかに合わせて、どの遮光カーテンを選ぶか決めて下さい。

 

また、カーテン 通販で大切なのがカーテンサイズです。
せっかく遮光カーテンにしたのに、少し小さいだけでも光が漏れてきてしまいます。
他の部分で光を遮断しているので、光の漏れは通常のカーテンよりもずっと目立つのです。

 

遮光カーテンのサイズを選ぶときは、より慎重に少し大き目サイズの物を選んで下さい。

カーテンは丈を確認して買おう

カーテンを購入するときには、サイズをしっかりと確認することがポイントです。
メジャーなどで取り付ける窓のサイズを測ってから、選ぶようにしてください。
もしも、丈の長さが足りなかったり、長すぎたりすると、お部屋の印象もイマイチになってしまいます。
丈が足りないとさみしい印象になってしまいますし、反対に余ってしまうと野暮ったい印象になってしまいます。
それに、長すぎると裾が汚れやすくなってしまいます。
カーテンの丈を選ぶときには、窓枠ピッタリのサイズよりも、少しだけ長めのサイズを選ぶのが良いでしょう。
窓枠ギリギリのサイズよりも、少しだけ余裕があったほうが、光の侵入を防ぎやすくなるからです。
また、外部に室内の光が漏れるのも防いでくれますよ。
それに、洗濯した時に丈が若干縮んでしまうことを考慮しておく必要もありますね。
また、長さだけでなく、幅もしっかりと図ってから、お部屋に合った最適なサイズのカーテンを選ぶようにしてください。

カーテン選びは、どんな所に気をつける?

お部屋のインテリアに必要となる一つに、カーテンがあります。
これが結構な影響力を持っており、たとえ同じ色を選んだとしても、材質が違うだけで印象が大きく変わるのです。
こうしたわずかな違いで印象が変わってくる事から、カーテン選びは、くれぐれも慎重に行って欲しいと思います。
まず前提として、窓のサイズにぴったり合うサイズを選ぶ事が必要となります。
そしてどんな種類のものを採用するのか、これも確認しておきたい所です。
多くのご家庭で利用されているノーマルなタイプから、シェード、オーダーカーテンタイプ等、その特性を確認する事で、どれが最も合うのかがイメージとして湧いてくるはずです。
そして私が最も強調したい点は、疲れている素材を確認することです。
冒頭にも挙げましたが、素材、材質が違うだけで印象は違ってきます。
そして印象という点だけでなく、素材個々に特性、特徴がありますので、そういった辺りまでをチェックし、選んでいきますと、先々長く愛用できる一品を手に入れる確率が高まるものと思います。

 

オーダーカーテンなら

カーテンは種類が沢山ありますが、自宅に合うカーテンを探しても中々見つからない、と悩む方も多いです。そういった時には、オーダーカーテンサービスが便利です。オーダーカーテンサービスとは、様々な要素を選択して、自宅にあった好みのカーテンを注文する事が出来るサービスです。 オーダーカーテンサービスはインターネットから申し込み可能な所が多いので、都合がついた時にすぐに申し込みをする事が出来ます。 カーテンが必要ならオーダーカーテンサービスをこの機会に利用してみてください。

カーテンは通販で購入可能です

沢山種類があるカーテンを購入するなら通信販売サービスが便利です。通信販売サービスなら、欲しい商品を注文すれば自宅まで届けて貰う事が出来るので、外出等をして手間をかける必要が無くなります。 通信販売サービスは、販売している商品の種類が多いという利点もあります。沢山あるカーテンの中から、好みのカーテンを見つけて頂けます。 お店と同じように商品を見るだけなら無料なので、この機会にアクセスをして商品をチェックしてみてください。